cmsとデータベース

データベースとは検索や蓄積が容易にできるように整理された情報の集まりのことで、複数で共有、利用することと検索、加工することが目的となっています。エクセルやアクセスといったソフトでデータベースを作って管理することは多くありますが、webサイト上でcmsの機能を活用してデータベースを作成していきます。Web上でデータベースを活用することで閲覧環境やソフトなどに関係なくデータベースを活用することができます。cmsでは複数人数で更新や機能を管理しながら利用できるので継続的にデータの追加や修正がweb上で行うことができます

データベースはデータを整理して貯め、情報として活用しやすくすることが目的です。そこで効率良くデータを管理する方法をリレーショナルデータベースといい最も広く利用されています。リレーショナルデータベースが使われるのはデータの重複を避けられることと検査能力が高いことが挙げられます。このリレーショナルデータベースを簡単に管理、運用できるデータベース管理システムのために作られた専用プログラムがSQLです

SQLは検索条件やデータの操作を論理的に指定でき効率よく検索ができます。したがってデータの重複を許すなどのミスを防ぐことでデータの一貫性を保つことができます。Webサイトで情報を管理していくにはデータベースの機能は必要になるのでデータベースと組み合わさったcmsが必要になってきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket